100倍楽しくなる!イタリア観光ぷち情報

ガイドブックにはなかなか載っていない、イタリア観光を100倍楽しく&充実する&知れば知るほど楽しくなる各地のぷち情報

知る人ぞ知る!ヴェネツィアの鐘楼とガリレオと望遠鏡との関係

サンマルコ寺院の前、小広場(ピアツェッタ)に面して立っている高さ96.8mの鐘楼(しょうろう)とガリレオ・ガリレイと天体望遠鏡との関係を知っていますか? ガイドブックには載っていない&知る人ぞ知るヴェネツィアの鐘楼(しょうろう)のお話しです。

1609年、この鐘楼(しょうろう)に、天文学者ガリレオ・ガリレイが昇り、改良した天体望遠鏡の実験をして、ヴェネツィア共和国の役人たちを大変驚かせました。

ということで、今回はこの「鐘楼(しょうろう)」と「ガリレオ・ガリレイ」と「天体望遠鏡」とのお話をしますね。

鐘楼の目的

そもそも、この鐘楼(しょうろう)は西暦888年頃から建てられていました。鐘楼の目的は「遠くを見渡し、いかに早く敵の軍艦を発見できるか」でした。海軍国家でもあったヴェネツィア共和国にとっては、「鐘楼」はなくてはならないものだったのです。カナレット作 Bucentaur's return to the pier by the Palazzo Ducale [パブリックドメイン], via Wikimedia Commons

鐘楼での天体望遠鏡の実験

時代はくだり、1592年。そのとき天文学者ガリレオ・ガリレイ(以下、ガリレオ)はヴェネツィア共和国にある大学で数学教授をしていました。 ドメニコ ティントレット(Domenico Tintoretto)作 (1605-1607年ころの)ガリレオ [パブリックドメイン], via Wikimedia Commons

ガリレオは、当時ではタブーとされていた「地球が太陽の周りをまわる地動説」に大変興味を持っていました。

なのでガリレオは天体望遠鏡を改良して、その地動説の証明をしたかったのです。しかし、そのためには天体望遠鏡をさらによく見えるように改良するための実験が必要だったのです。

とはいえ、当時タブーとされていた「地動説」。ガリレオが「地動説を証明するため、天体望遠鏡の実験をさせてください」といっても、ヴェネツィア共和国の役人たちが「いいよ」とOKするわけがありません。

そこでガリレオはヴェネツィア共和国の役人に「敵の軍艦を、いち早く見つけることができる兵器の実験をさせてください」と言って、1609年、鐘楼での天体望遠鏡の実験にこぎつけました。

その後、ガリレオは天体望遠鏡を倍率を32倍まで上げる改良に成功し、その天体望遠鏡でちゃくちゃくと実験していきました。そして「地球が太陽の周りをまわる地動説」が正しいことを確信しました。オッタヴィオ・レオーニ作 1(1624年ころの)ガリレオ [パブリックドメイン], via Wikimedia Commons

地動説を確信したガリレオのその後

地動説を確信したガリレオはその後、この「地動説」のために、ローマ教会により宗教裁判にかけられます。その宗教裁判の時、ガリレオが言ったとされる「それでも地球は動いている」という言葉(←実際には言っていないそうです)が、われわれがガリレオについて一番知っていることではないでしょうか。

そして「地動説の放棄」を迫られ、自宅に幽閉され、そこで生涯を終えます。ユストゥス・サステルマンス(Justuster Sustermans)作 (1636年ころの)ガリレオ, [パブリックドメイン], via Wikimedia Commons

そして約350年の時が経過し……1992年、ローマ教会は、ガリレオの名誉回復をしました。

まとめ

サンマルコ寺院の前、小広場(ピアツェッタ)に面して立っている高さ96.8mの鐘楼に昇った時、この「鐘楼とガリレオ・ガリレイと天体望遠鏡の関係」を思い出しながら、ヴェネツィアの街を一望してみてください。きっと時代を超えた素晴らしいヴェネツィアの風景が、あなたの目の前に広がっているはずです。