ワイン検定3級の受験勉強で、暗記用ペンと下敷きを使いだした結果…

スポンサーリンク


全日本ソムリエ連盟(ANSA)のワイン検定3級の受験勉強をはじめて、公式テキスト「酒仙人直伝 よくわかるワイン」を、半月ほどで3回くらい読み終えました。

そこで、公式サイトの検定問題例をやってみました。正答率は60%です。このままでは不合格。

なので、暗記用ペンと下敷きを使うことに。結果、正答率は93%までアップ!

今日はそのご報告です。

公式テキストを3回くらい読み終え…


全日本ソムリエ連盟(ANSA)のワイン検定3級の受験を決意して、公式テキスト「酒仙人直伝 よくわかるワイン」を、半月ほどで3回くらい読み終えました。

基本的に、公式テキストは通勤電車の中で読んでいます。でもなんだか、読むと眠たくなっていました。

ワイン検定3級には、(知らないだけかもしれませんが…)問題集がありません。

どうしようか…このまま続けていても、眠くなるだけだし…

ワイン検定3級 問題例をやってみた

ということで、公式サイトにあるワイン検定3級の検定問題例をやってみました。

合格するには、正答率が70%以上の必要です。でもまぁ、合格レベルくらいはそこそこいけるだろう…

と、やってみると…

正答率は60%。このままでは不合格。

9/15問、つまり正答率は60%です。このままでは不合格。

2、3回受験すれば、そのうち受かるだろうけど、さすがに4,650円を毎回だすには、不経済すぎる。

う〜ん…問題集があるわけでもないし、どうすればいいんだ。

そうだ! 暗記用赤シート


そうだ! 暗記用赤シートをつかってみよう。

実は先日、実用イタリア語検定5級に合格しました。その受験勉強で、暗記用赤シートを使ったことを思い出したのです。

ちなみに、受験はかなり苦戦しましたが、ギリギリ合格することができました。

実用イタリア語検定5級、奇跡の合格!
2022年3月に実施された第54回実用イタリア語検定の5級で、奇跡の合格をしました! 独学でイタリア語を勉強して、試験対策わずか2ヶ月では、合格は無理だと思っていたので、まじでうれしいです。というわけで、結果のご報告をしますね。

学生時代にお世話になった暗記用赤シート。懐かしいですが、今も売っているのだろうか? 売っているのであればどこで売っているのだろうか?

ということで、とりあえず100円ショップダイソーへ行ってみると暗記用マーカーペンと暗記用下敷きを無時見つけることができたので、購入してきました。

暗記用ペンと下敷きを使いだした結果

暗記用マーカーペンと暗記用下敷きとを使って、「酒仙人直伝 よくわかるワイン」を読み直して、再度、検定問題例をやってみると結果は、14/15問、つまり正答率は93%までアップ!

もちろん2回目ということもありますが、効果はでているような気がしています。

またご報告しますね。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました