ポンペイ展の帰路、イタリア人がおすすめしてくれた美味しいワイン

スポンサーリンク


ポンペイ展へ行った帰りに『どこかのショップで、おみやげのワインを買っていくか…』と思っている人も多いのではないでしょうか?

私は、イタリア食材専門店Etaly(イータリー)で、イタリア人の店員さんがおすすめしてくれた白ワイン「グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」を買って帰りました。

そのイタリア人の店員さんは「これは本当に美味しいワインです。本当に本当に、美味しいです。」と、力説しておすすめしてくれました。

なので、もしよかったら、参考にしてください。

ポンペイのワインが有名だったことを知ったけど…


3月下旬、東京国立博物館で開催されていたポンペイ展2022へ行って、古代ローマ時代、ポンペイのワインがとっても有名だったことを知りました。

ポンペイは、今から約2000年前に、火山の噴火で埋もれてしまった南イタリアにある都市です。

展覧会では「ポンペイのワインは、遠くは(北アフリカの)カルタゴや、(今のフランス・スイス・ドイツにあたる)ガリアまで輸出されていた」と説明がありました。

また、(ポンペイの街を埋めてしまった)ヴェスビオ火山とともに描かれたワインの神バックスの絵画をはじめ、ワインを保存していたアンフォラという入れ物や、ワインに関連する展示品も、多数ありました。

なので、ワイン好きの私としては「何か記念になるポンペイのワインが欲しい! 飲みたい!!」と思っていたのですが…

残念ながら、ポンペイ展のおみやげ売り場では、ワインは売っていませんでした。

追記:他の人のブログを見ると、最初の頃はお土産売り場にワインがあったようです。

ということで…

イタリア食材専門店Etalyへ


銀座にあるイタリア食材専門店Etaly(イータリー)へ、行ってみることにしました。

到着すると店員さんに「今日、ポンペイ展へ行ってきて、ポンペイがワインでとっても有名だということを知りました。なので、ポンペイに関係するワインがあれば購入したいなぁ、と思ってきたんですけど…」と言いました。

すると、「ポンペイですとカンパーニャ州のワインですね…。そうだ!今、イタリア人の店員がいますので、呼んできますね。」と、イタリア人の店員さんを呼んでくれました。

イタリア人の店員さんがくると、私に「普段はどんなワインを飲むのですか?」と、質問してくれました。

なので「キャンティをはじめ、赤も白も、よく飲みます。」と答えました。

すると…

「ポンペイのあるカンパーニャ州のワインを紹介します」

イタリア人の店員さんは、「ポンペイのあるカンパーニャ州を代表するワインをご紹介しますね。」と、棚にある2つの場所を、説明してくれました。

こちらの棚にある

4種類の白ワインと、

こちらの棚にある

2種類の赤ワイン。

さらに、

「ラベルデザインも、ポンペイ遺跡にあるモザイク画同様に、モザイク調になっています。」と説明してくれました。

おぉ、本当だ! さっきポンペイ展で、たくさんみてきた展示品とおなじモザイクじゃあないか!! やるなぁ、さすが本場のイタリア人、ポイントをおさえている!!!


さらに、ほかにも自然派ワインもあります、と説明してくれた上で、、、

「本当に本当に、美味しいです。」とおすすめしてくれたワイン


そのなかでも「これは本当に美味しいワインです。本当に本当に、美味しいです。」と、力説しておすすめしてくれたワインが、こちらの「グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」という白ワインです。

厚みのある酸と豊かなミネラルが特徴のグレーコ。非常にクリアな印象で幅広く料理に合わせやすいオールラウンダーで、高めの温度で提供することで、肉料理とも楽しめます。

グレーコ・ディ・トゥーフォ |イタリアワイン|日欧商事 – JET

格付けでは、イタリアワイン法の最高位のD.O.C.Gに分類されています。

グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」とは、銘柄(=ブランド名)で、古代都市ポンペイがあった時代から造られていました。

「グレコ」というぶどうで造られているワインで、古代都市ポンペイを火山灰で埋めたヴィスビオ山の麓でも、昔は栽培されていたそうです。

(ポンペイやナポリがある)カンパーニャ州には、「グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」を造っているワイナリーがたくさんあります。

お店でおすすめしてもらったワインは、フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ社がつくっています。

ワイン会で飲んで、美味しいと知っていたので購入


実はこの「グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」は、ワイン会で飲んだことがあるワインでした。もちろん選んだのはプロ。なので、美味しいことを知っていました。

なので『あっ、このイタリア人の店員さんは信頼できるから、大丈夫だ』

ということでポンペイ展の帰り、Etaly(イータリー)で、イタリア人がおすすめしてくれた美味しいワイン「グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」を、3,200円(税抜)で購入してきました。

ポンペイ展の帰りに、ワインを買うときの参考にどうぞ

ポンペイ展2022は、東京では終わってしまいましたが、京都・宮城・福岡と、2022年いっぱい、日本各地で開催されます。

なので、『ポンペイ展の帰りに、どこかのショップで、おみやげのワインを買っていくか…』と思っている人や、『東京で、ポンペイ展へ行ったけど、おみやげ何も買わなかったなぁ』人は参考にしてください。

残念ながら、私が購入したEtaly(イータリー)の公式サイトでは、2022年3月末現在、「グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」が販売されていないようです。

グレコ(GRECO)ディ(DI)トゥーフォ(TUFO)」より、少しお高めの「フィアーノ ディ アベッリーノ(FIANO DI AVELLINO)」は、あるんですけど。

イータリー公式サイト | EATALY OFFICIAL SITE
レストランで堪能できる素晴らしいイタリア料理や食材を通してイタリアの食文化を体感できます。沢山の伝統的なイタリア食材を買うこともできる、EATALY(イータリー)の公式サイト。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました