ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)地区の地図と場所

イタリアのヴェネト州で生産される白ワインのソアーヴェ(Soave)。そのソアーヴェの中でも、「長期熟成能力があり高品質なソアーヴェ」が生産することが可能な「ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)地区」の場所ってどこなんだろう……地図ってないのかな……って思いませんか? 実は地図があり、下記のオレンジ色のエリアがソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)地区になります。 作者 Casa del Vino (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 4.0], ウィキメディア・コモンズ経由

また、ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)の説明では、このような表現がよく使われます。

  • ソアーヴェの生産地の中でも、最も歴史と伝統のあるエリアで造られるワイン
  • ソアーヴェ市を取り囲む丘陵地の指定されたエリア
「イタリアワイン専門店トスカニー ソアーヴェ」より

ということで概念的なことはわかるのですが、具体的にどの地区・地域なのかがわかりません。大体地図もないですしね。またソアーヴェという地区は、googleマップなどで調べることはできますが、その内側にあるソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)の地区は調べることができません。なので『ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)の場所はどこら辺なの?』と思うのは管理人だけではないと思います。

というわけで、今日は、ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)地区の地図と場所をみてみましょう。

まずは、ソアーヴェの地図の確認と、ソアーヴェが生産されている場所を確認していきましょう。

ソアーヴェが生産されている場所の地図

白ワイン「ソアーヴェ」が生産されている場所は、観光都市ヴェローナから東へ20kmほどいったソアーヴェ街を中心とした地域です。

上記地域を拡大した詳しい地図がこちらです。白ワイン「ソアーヴェ(Soave)」が生産されている場所は以下の地図の「オレンジ色・緑色・うす黄色」のエリアになります。 作者 Casa del Vino (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 4.0], ウィキメディア・コモンズ経由

具体的地名でいうと、以下の地区・地域の街になります(Wikipedia:Soave (wine)より)。

  • Soave(ソアーヴェ)
  • Monteforte d’Alpone(モンテフォルテ・ダルポーネ)
  • San Martino Buon Albergo(サン・マルティーノ・ブオン・アルベルゴ)
  • Lavagno(ラヴァーニョ)
  • Mezzane(メッツァーネ・ディ・ソット)
  • Caldiero(カルディエーロ)
  • Colognola(コロニョーラ)
  • Illasi(イッラージ)
  • Cazzano(カッツァーノ・ディ・トラミーニャ)
  • Ronca(ロンカー)
  • Montecchia di Crosara(モンテッキーア・ディ・クロザーラ)
  • San Giovanni Ilarione(サン・ジョヴァンニ・イラリオーネ)

上記のいずれかの地区・地域の街で生産されるワインが「ソアーヴェ(Soave) DOC」と名乗ることができます。

なおSoave(ソアーヴェ)地区については、まとめてありますので、よろしければこちらもご覧ください。

イタリア北部のヴェネト州にあるソアーヴェの街について

では、次にソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)地区の場所を地図でみてみましょう。

ソアーヴェ クラシッコ地区の場所の地図

ソアーヴェクラシコ(Soave Classico)地区の場所は以下の地図の「オレンジ色」のエリアになります。 作者 Casa del Vino (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 4.0], ウィキメディア・コモンズ経由

オレンジ色の部分を具体的な場所でいうと、Soave(ソアーヴェ)地区と Monteforte d’Alpone(モンテフォルテ・ダルポーネ)地区との間に拡がるエリアです。そしてここには丘陵地帯が拡がっています。ということでその丘陵地帯をGoogleストリートビューでみてみましょう。

綺麗なブドウ畑がひろがっていますね。ここで収穫したブドウによって、長期熟成能力があり高品質な「ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)」が生産されているんですね。

まとめ

今日はイタリアのヴェネト州でつくられる白ワインのソアーヴェの中でも、長期熟成タイプのソアーヴェが生産される「ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)」地区の場所を確認してみましたがいかがでしたか? 地図で見て、視覚的に確認できると「クラシコ(Classico)」と名がついているソアーヴェのイメージが付きやすいと思います。これを見ながら長期熟成能力があり高品質な「ソアーヴェ クラシコ(Soave Classico)」を楽しんでくださいネ→イタリアワイン専門店トスカニー ソアーヴェ特集