Venchiチョコジェラートの神髄、クォール ディ カカオって食べた?

スポンサーリンク


Venchi(ヴェンキ)のチョコジェラートの神髄(しんずい)、(ダークチョコの)クォール ディ カカオのジェラートって食べたことありますか?

えっ、「チョコのジェラートなんて、どこでも食べられるだろ!」ですか?

いえいえ。

まるでチョコのビロードのようなクォール ディ カカオで、あなたはきっと、本場イタリアのチョコレートジェラートの神髄(しんずい)を、垣間(かいま)見ることになります。

どんなフレーバー?


Venchi(ヴェンキ)ジェラート クォール ディ カカオは、カカオ(含有率約)75% & ミルクベースで仕上げた、まるでチョコのビロードのようなフレーバーです。

美しく深みのある光沢感と、柔らかで上品な舌触りは、まるでチョコのビロード!

ひとくち食べると、きめ細やかなチョコレートの濃密な甘みとともに、カカオの「心地よい渋み」と「深みのある旨み」とが、口いっぱいに拡がります。

そして、長い余韻。

さらに、かすかに混ざっているビターなチョコチップ(カカオニブ?)が、アクセントになっています。

クォール ディ カカオは、チョコのビロードのようなフレーバーなのです。

チョコをジェラートにする技術は、神髄


チョコをビロードのようなジェラートに仕上げているVenchi(ヴェンキ)の技術は、まさに神髄(しんずい)!

本場イタリアの(チョコレート & )ジェラート屋さんだけあって、「チョコレートをジェラートにする伝統・技術」は、ずば抜けていると思います。

日本を含め数多くの世界的に有名なチョコレート屋さんのアイス(=ジェラート)も、美味しいです。確かに、美味しい



が、それでも、イタリア本場のチョコジェラートを食べてみると、違いがわかります。

チョコレートをジェラートにする伝統・技術が、ずば抜けていると。

もちろんVenchi(ヴェンキ)以外にも、イタリアには数多くのチョコジェラテリアがあると思うのですが、残念ながら日本に出店している数は少ない…

いや、あることはあるんです。知っています。でも、遠くてなかなか行けない…

食べられるところも少ない…

というわけで、全国的に比較的店舗が多いVenchi(ヴェンキ)のチョコジェラート、特にチョコフレーバー人気No1のクォール ディ カカオは、本場イタリアの「チョコレートをジェラートにする伝統・技術」の神髄(しんずい)垣間(かいま)見ることができる、食べる価値ありのジェラートなのです。

チョコ系フレーバーで、人気No1


クォール ディ カカオ(=ダークチョコ)は、こんな感じでよく雑誌とかにも掲載されるVenchi(ヴェンキ)チョコ系フレーバーで、人気No1の王道フレーバーです。

ちょっと検索すると、スグにわかると思います。

さらにスタッフさんに、「人気のフレーバーは何ですか?」と質問すると、大体「ウチはチョコレート屋さんなので、チョコ系ですね。なかでもクオール ディ カカオです!」と答えがかえってきます。

なお、チョコ系フレーバーには、いくつかの種類があります。

が、ダークチョコのクォール ディ カカオが、チョコ系フレーバーで、人気No1の王道フレーバーです。

食べるときは、一番下に!

クォール ディ カカオを注文したら、カップでも、コーンでも、他のフレーバーより下、というか一番下にしてもらいましょう。他のフレーバーの味がわからなくなってしまう可能性があるからです。

というもの、チョコレートの香味は、果物やクリームなどの通常の甘みの範囲を超えてしまうほどの力強さがあるため、他のフレーバーの味がわからなくなってしまう可能性が高いのです。

Venchiジェラート、人気No1・2・3を食べたのに、後悔?
Venchi Otemachi One店へ、ジェラートを食べに行ってきました。人気No1・2・3を食べて、美味しい! のに、後悔?そして、それから後約5か月間、研究を重ね、ついに!

Venchi(ヴェンキ)には、クォール ディ カカオ以外にも美味しいフレーバーが数多くあります。なので他のフレーバーの味がわからなくなってしまうのはもったいなさなすぎる…

おすすめの食べ方


クォール ディ カカオは、(食べるときに、一番下にさえすれば、)基本どのフレーバーと組合せても、その美味さを堪能できます。

全フレーバー、クォール ディ カカオってのもありかと思いますが(笑)

が、あえていうならということで、おすすめの食べ方をまとめてみました。

よかったら、参考にしてください。

定番人気No1・2・3で!

クォール ディ カカオのジェラートもそうだけど、やっぱりVenchi(ヴェンキ)の人気No1・2・3が食べたい!

という人は、ピスタチオ、マスカルポーネ & キャラメライズド フィグとで、人気No1・2・3と一気にいくのがおすすめです!

くわしくはこちらにまとめてあります。

Venchiジェラートの人気No1・2・3を、同時に美味しく食べる方法
Venchiジェラートで、人気No1・2・3ともいわれるフレーバーの ピスタチオ と クォール ディ カカオ と マスカルポーネ & キャラメルド・フィグ。Mサイズで3フレーバーを同時に食べるとき、と~っても美味しく食べる方法をご紹介します。

フルーツ系ソルベと!

クォール ディ カカオとフルーツ系ソルベとの組み合わせは、見た目も美味しさも、実はとってもおすすめ!

ダークチョコとフルーツ系ソルベの鮮やかな色とのコントラストは、思わず「きれ~い」と声がでてしまう圧巻の美しさです。

くわしくはこちらにまとめてあります。

Venchiチョコジェラートに、フルーツ系ソルベは、おすすめなの?
Venchiのダークチョコ ジェラートと、ストロベリー・マンゴー・ラズベリーなどのソルベ系を組み合わせると、とっても美味しく、混ぜ食べできることをご存じでしょうか? 鮮やかな色とのコントラストも圧巻の美しさ。とってもおすすめなので、ご紹介します。

チョコ ジェラート三昧!

Venchi(ヴェンキ)は、チョコレート屋さんなんだから、チョコジェラート三昧したい! という人には、チョコ系フレーバーと全種類と組み合わせると、神髄(しんずい)を味わうことができます。

Venchiチョコジェラート 基本4フレーバーの違いと堪能するおすすめの方法
Venchiは、チョコレート ジェラートの種類が豊富。基本4フレーバーである「クォール ディ カカオ」「アズテコ」「ジャンドゥイオット」「クレミノ」の違いと、堪能するためのおすすめの方法をご紹介します。

2022年10月現在、イタリアを代表するチョコレートの1つ「ジャンドゥイオット」が未販売になってしまっているのが残念ですが…

まとめ


ということで、よかったら…いやぜひVenchi(ヴェンキ)のダークチョコジェラート「クォール ディ カカオ」を食べてみてください。

えっ、「チョコのジェラートなんて、どこでも食べられるだろ!」ですか?

いえいえ。

まるでチョコのビロードのようなクォール ディ カカオで、あなたはきっと、本場イタリアのチョコレートジェラートの神髄(しんずい)を、垣間(かいま)見ることになります。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました