Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!
PR

ワイン以外のお酒にかけたのは10万円、でも2次試験で0点。ムダな努力?

スポンサーリンク


Ciao a tutti(チャオ ア トゥッティ)~(=みなさん、こんにちは!)

かろうじて? J.S.A.ワインエキスパートに、独学 & 1発で合格できた管理人です。

私は、ワイン以外のお酒のトレーニングでは10万円をかけました。でも2次試験では不正解で0点でした。ムダな努力だったのか?

ワインエキスパートの2次試験で『ワイン以外のお酒を捨てようかな?』と悩んでいる人には、ぜひ参考にしてほしいです。

スポンサーリンク

まずは結論

ということで、まずは端的に結論から。

ワイン以外のお酒にかけたのは10万円、でも2次試験で0点。ムダな努力だったのか?

確かに、結果だけをみると、ムダだったように見えます。トレーニングして0点なら、やらなくたって一緒です。

が、ムダな努力ではなかったです。むしろ、10万円かけた価値は、ありました。

なぜなら、ワインエキスパート合格後のお酒の世界が、確実にひろがったからです。

ワインももちろん美味しいですが…ワイン以外のお酒の美味しさを知らないなんて、もったいない!

まぁ、できればもう少し費用コストを下げたかかったけど(笑)

というわけで、以下補足しながら、説明しますね。

ワイン以外のお酒に10万円

ワインエキスパートの2次試験対策で、ワイン以外のお酒に、かなりお金をかけました。

その額は覚えているだけで、概算10万円。

アカデミーデュバンで2次試験対策で販売されている「その他のお酒 小瓶セット(ハードリカー / 酒精強化ワイン)」に、24,200円。

フルボトルやハーフボトルには、59,735円。

ミニボトルには、11,836円です。

以上で合計、概算10万円になります。

配点は3点

2023年現在、ワインエキスパートの2次試験の配点は、ワイン1本あたり40点満点。それに対してワイン以外のお酒の配点は、3点満点だと言われています。

わずか3点、されど3点です。

お世話になったワイン受験.comのサイトにも以下のように記載されています。

通常ワイン好きの人たちは、ブランデーやウイスキーなどにはあまり興味がなく飲まない人が多いと思います。だから、簡単なブランデーやウイスキーであっても当てられない人が多いのです。でも、それはすごく不利です。

引用:ソムリエ二次試験、合格のための戦略 | ワイン受験.com

ソムリエ二次試験、合格のための戦略 | ワイン受験.com
独学でソムリエ試験、ワインエキスパート試験突破を目指している人のための試験対策サイトです。

というわけで、ワイン以外のお酒のトレーニングも必死にやりました。

本番では不正解、0点

ワイン以外のお酒のトレーニングも必死にやったにも関わらず、2次試験本番では、不正解でした。つまり0点でした。

2023年のワインエキスパート2次試験では、ワイン以外のお酒は、ジンが出題されました。

大勢の受験生が正答できた超簡単な問題です。にもかかわらず、私は不正解でした。

が、幸運にも、2次試験に合格できました。

無駄な努力?

ワイン以外のお酒にかけたのは10万円、でも2次試験で0点。ムダな努力だったのか?

確かに、結果だけをみると、ムダだったように見えます。トレーニングして0点なら、やらなくたって一緒です。

が、ムダな努力ではなかったです。むしろ、10万円かけた価値は、ありました。

確実に、お酒の世界が広がる

なぜなら、確実に、お酒の世界がひろがったからです。ワインももちろん美味しいですが…ワイン以外のお酒の美味しさを知らないなんて、もったいない!

私はワインエキスパートの2次試験対策をはじめる前は、ブランデーもウィスキーも飲みませんでした。

が、今では、ブランデーのコニャックV.S.O.P、カルヴァドスは、本当に美味しい! ワインを飲んだ最後には、いつも飲みたくなります。

ヴァニラの豊かな香りがするバーボンウイスキーもいいなぁ!

酒精強化ワインのシェリー! 20年近く前に飲んだ時、『なんで、これが美味しいの?』と、思いました。が、今では『Finoをキンキンに冷やして、刺身と一緒に食べたい!』といつも思っています。

オロロソは、牛肉と一緒に!

甘美なマディラもポートも、食後に最高!

攻めた結果の0点と、攻めない結果での0点では、決定的に違った結果になりました。

最後に


というわけで、ワイン以外のお酒にかけたのは10万円、でも2次試験で0点。だったけどムダな努力ではなかった。いや逆に10万円をかけたからこそ、お酒の世界を広げることができました。

ワインはもちろん美味しいですが…ワイン以外のお酒の美味しさを知らないなんて、もったいない!

攻めた結果の0点と、攻めない結果での0点では、決定的に違った結果になりました。

まぁ、できればもう少し費用コストを下げたかかったけど(笑)

ワインエキスパートの試験は、合格した後がスタートだと、よく言われます。

私もその通りだと思います。

ムダな努力はない!

よかったら参考にしてください。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました