Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!

ワインエキスパートの教本を、3,080円で断裁! でも、穴あけは慎重に?

スポンサーリンク


ワインエキスパートで使う教本の背表紙を切って、バラバラに、つまり「断裁(だんさい)」してきました。キンコーズで、3,080円!

でも、穴あけは、慎重にやった方がよいかもしれません。

私は、家で、パンチで位置を確認してから、穴あけをしています。

なお、キンコーズでの価格は、すべて2022年12月現在の価格です。変更になることもあるので、ご注意ください。

スポンサーリンク

教本を断裁しよう!


ワインエキスパートで使う教本の背表紙を切って、バラバラに、つまり「断裁(だんさい)」することにしました。

というのも、ワインエキスパートで使う教本は、厚さが辞書並みの4cmほどあり、重いからです。

このままでは、『持ち歩いて電車の中で読もう』という気さえおきません。

ワイン受験.comでのおススメもあり、教本の背表紙を切って、バラバラにすることにしました。

なんでも、背表紙を切ってバラバラにすることを、「断裁(だんさい)」というとのこと。

超むずかしい資格試験、たとえば司法試験などを受験する人たちも、よくやっているらしいです。

断裁(だんさい)は、ビジネスコンビニとよばれる、たとえば東京であればキンコーズなどでやってくれます。

キンコーズへ


ということで、重たいワインエキスパートで使う教本を持って、電車に乗って、ビジネスコンビニと呼ばれるキンコーズへ向かいました。

電車の乗る前、ネットで調べると、本の断裁(だんさい)(1cmまで) 220円/回とあります。

ということは、4cm × 220円 = 880円で断裁(だんさい)できるのか。

さらに、穴あけサービスもやっているようです。

えっと穴開け加工(2穴・200枚まで)55円/冊か。

家でも穴あけくらいだったらできるけど、800ページ以上あるワインエキスパートの教本の穴あけは、面倒だから、一緒にやってもらっちゃおう。

ということで、重たいワインエキスパートで使う教本を持って、キンコーズへ向かいました。

断裁には、持込加工手数料も必要


キンコーズでスタッフさんに話を聞くと、持ち込みの本の断裁(だんさい)サービスは、厚さ1cmあたり税込で220円さらにプラスして、持込加工手数料が2,200円が必要なことがわかりました。

もうちょっと説明すると、、、

断裁(だんさい)サービスは、厚さ1cmあたり、税込で220円なので、4cmで880円になり、、、

さらに、持込加工手数料が2,200円かかるとのことでした。

確かに価格表をみると持込加工手数料 ¥2,200/オーダーとあります。

持込加工手数料が2,200円と聞いて、ちょっと面食らって、一瞬思考回路が止まりましたが、、、

教本の背表紙を切って、バラバラにしないと、持ち歩くことは不可能です。なので、お願いすることにしました。

しばらく待っていると、ワインエキスパートの教本が、バラバラに、つまり断裁(だんさい)されて、目の前に現れました。

みごとだ!



そうだ、穴あけもお願いしないと! ということで、スタッフさんにお願いすると、

教本の文字の部分に、穴があく?

穴あけもお願いすると、スタッフさんが「お客様、穴あけをすると、ひょっとしたら文字の部分に、穴があいてしまう可能性があります」とのこと。

穴のあく位置を一緒に確認すると、穴は文字の部分にかかるか、かからないかの微妙な位置であることがわかりました。

読めなくなってしまったら、大変だ(◎_◎;)

なので、穴あけは、家で自分で確認しながらやることにしました。面倒だけど💦

キンコーズでは、断裁だけ。3,080円

ということで、結局キンコーズでは、断裁(だんさい)サービスのみを利用し、税込3,080円でした。詳細は以下の通りです。

  • 持込加工手数料 ¥2,200/オーダー
  • 本の断裁:4cm × 220円(1cmまで) = ¥880

問題は、ここからです。穴あけをどうするかです。

どうしよう…文字が書かれているところに、穴があいちゃったら…

穴の位置を変えるか? たとえば左上1つのみにするとか…

帰りの電車では、代替方法をあれこれと考えながら、家路につきました。

家で、穴あけ位置を確認すると…

家に着いて、パンチで穴が空く位置を、慎重に確認すると『とりあえず大丈夫そうだ』ということがわかりました。

確認した方法は、以下のとおりです。

  1. まず何も書いていないA4用紙に、パンチで穴をあけて、
  2. それをカットしてきたワインエキスパートの教本の各ページに合わせて、
  3. 教本の文字に、穴が空かないことを確認。

ということで確認したうえで、勇気をもって、前の方にあるワイン概論と種類飲料概論の部分だけ、パンチで穴をあけてみると、



とりあえず、文字に穴が空くことはありませんでした。

ふぅ~💨

穴が空いた位置は、ギリギリ。0.5mm違えば…


でも、穴が空いた位置は、本当にギリギリ。1mmいや、あと0.5mm 違えば、文字に穴があきそうです。

なので、穴あけは慎重にやった方が、いいかもしれません。

これから約800ページに穴あけをしていかなければなりません。

まぁ、これは使う時になったらやろう。

そうそう、持ち歩く…というか便利に使うようになるまでには、もうちょっと加工が必要になります。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

追記! 持ち歩くまでの過程はこちら
ワインエキスパート教本断裁後は、4穴! 方法とその理由
ソムリエ・ワインエキスパート教本断裁後は、4つの穴をあけることができる2穴パンチで、4つ穴をあけて、持ち歩いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました