Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!

オペラワイン 2次試験対策セットの模範解答を活用した方法

スポンサーリンク


Ciao a tutti(チャオ ア トゥッティ)~(=みなさん、こんにちは!)

先日、独学で、2023年ワインエキスパートの実技試験に、1回で合格しました。

実技試験対策では、オペラワインのソムリエ2次試験対策セットについてきた模範解答を活用しました。

模範解答は、試飲したときだけでなく、その後どうやって活用するかがポイントだと実感しています。

よかったら、参考にしてください。

スポンサーリンク

模範解答の活用方法

オペラワインのソムリエ2次試験対策セットについてくる模範解答を活用した方法は、以下の通りです。

  1. 印刷 & 冊子化
  2. 定番解答を、赤でマーキング
  3. 軽めを緑色、重めを黄色で、マーキング
  4. 暗記 & 比較

模範解答は、試飲したときだけでなく、その後どうやって活用するかがポイントだと実感しています。

では、補足しますね。

印刷 & 冊子化

まずは1番目、オペラワインのソムリエ2次試験対策セットについてくる模範解答を、印刷して、冊子化しました。

冊子にするときは、品種ごとにまとめました。

面倒くさくって、ついつい確認するだけになってしまいそうになりましたが、冊子化してよかったです。

なお冊子化は、1次試験のとき、教本を冊子化したときと同じやり方です。よかったら以下の記事を参考にしてください。

ソムリエ ワインエキスパート教本、断裁&穴あけ後の製本方法
ソムリエ ワインエキスパートの教本を断裁&穴あけした後、どのように製本していますか? 私は、100均ショップの厚紙と、カードリングと、とじ穴補修シールとで、製本して持ち歩いています。

定番解答を、赤でマーキング

2番目に、品種ごとの定番解答を、模範解答に赤色でマーキングしました。

品種ごとの定番解答は、山崎和夫先生の【ハーフボトルセット】動画講座をみるとわかります。

軽めを緑色、重めを黄色で、マーキング

3番目に、ワイン受験.comのソムリエ2次試験対策講座を読んで、模範解答に、軽めを緑色、重めを黄色で、マーキングしました。

赤ワインの時は、軽めを紫色、重めをオレンジ色のほうが、イメージしやすいと思います。

少し補足すると、ワイン受験.comのソムリエ2次試験対策講座には、白・赤、軽め・重めでの模範解答例があります。それをみながら、マーキングしました。

これをやると、『このワインは、軽めに寄ってる』とか『このワインは、重めに寄ってる』とかがわかります。

暗記 & 比較

4番目つまり最後に、模範解答を暗記しました。暗記するときは、(これまでマーキングしてきた)同じ品種で比較すると、効果的です。

暗記は、「澄んだ、輝きのある、緑がかかった、レモンイエロー、、、」と、呪文? のように覚えました。最初は大変ですが、後になればなるほど、楽になっていきます。

そうそう、模範解答は、同じ品種で比較することによって、フランスと新世界でどう違うのかとかが、わかるようになります。なので、同じ品種での比較は超おすすめです!

さいごに


オペラワインのソムリエ2次試験対策セットについてくる模範解答は、試飲したときだけでなく、その後どうやって活用するかがポイントだと実感しています。

よかったら、参考にしてください。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました