Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!

ワイン生産量、ブドウ栽培面積の覚え方

スポンサーリンク


ソムリエ・ワインエキスパートの1次試験で、覚えなければいけない世界各地のワイン生産量、ブドウ栽培面積は、どうやって覚えるようにしていますか?

私は、はじめまったく覚えられなかったのですが、、、

表計算アプリで一覧にして、問題集をやる度に、スマホで降順(大きい順)でソートして、確認するようにしたら、アッという間に覚えることができました。

表計算アプリで一覧にする作業負荷は高くないので、覚えられずに困っている人は、やってみてください。

スポンサーリンク

具体的な方法


ワイン生産量、ブドウ栽培面積を覚えるための具体的な方法は、以下の通りです。

  1. ExcelやGoogleのスプレッドシートなどの表計算アプリに、項目を、国、地域、生産量、栽培面積、AOCワイン、AOC栽培面積として、一覧にする。
  2. 問題集や、過去問で、出題された時は、答え合わせをした時に必ず確認する。
  3. 必ず、ワイン生産量、ブドウ栽培面積を、降順(大きい順)でソートして、確認する。

特に、3.は必ずやってください。はじめは面倒ですが、やっているうちに、不思議と、頭に入ってきます。

ということで、覚えられたことを、少しまとめておきます。

覚えられたこと


覚えられたワイン生産量、ブドウ栽培面積は、大きく、以下の3つです。

  1. 生産量・栽培面積Top3の国
  2. 生産量1位~10位の国
  3. フランス各地

少し補足しますね

生産量・栽培面積Top3の国

ワイン生産量1位、2位、3位の国や、ブドウ栽培面積1位、2位、3位の国は、アッという間に、問題集で、答えられるようになりました。

ワイン生産量Top3の国 と ブドウ栽培面積Top3の国 は、順位が同じではないので、混乱しがちです。

生産量1位~10位の国

ワイン生産量1位~10位の国が、問題集で、答えられるようになりました。

ワイン生産量5位以下は、なんか頭の中がモヤモヤして、いまいち覚えることができないのではないでしょうか?

フランス各地

ボルドー、ブルゴーニュはもちろん、ラングドック・ルーション、ジュラ、サヴォアをはじめとするフランス各地ワイン生産量、ブドウ栽培面積も、アッという間に、問題集で答えられるようになりました。

ボルドー、ブルゴーニュはなんとかなっても、ラングドック・ルーション、ジュラ、サヴォアになるとモヤモヤして、いまいち覚えることができないのではないでしょうか?

この方法をはじめたキッカケ

そもそも、この方法をはじめたキッカケは、なんど問題集をやっても、ワイン生産量、ブドウ栽培面積の問題は、正解できなかったからです。

なんどやっても、覚えられない! どうしよう。。。

ということで、表計算アプリで一覧にして、問題集をやる度に、スマホで降順(大きい順)でソートして、確認するようにしたら、アッという間に覚えることができました。

表計算アプリで一覧にする作業負荷は高くないので、覚えられずに困っている人は、やってみてください。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました