Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!

伊検4級受験 1か月半~2週間前、過去問6回分の総復習を、必死にやったワケ

スポンサーリンク


実用イタリア語検定(以下、伊検)4級を受験する1か月半~2週間前の期間は、それまでにやってきた過去問6回分の総復習を、必死にやっていました。

その理由は、公式サイトの検定対策コラム「検定制覇の3カ条」を実践するためです。

スポンサーリンク

残り1か月半、新たな過去問やる?

受験まで残り1か月半。新たな過去問をやるべきなのだろうか?

伊検4級受験まで、残り1か月半、つまり2月はじめになったある日、さらにもう一つ過去問をやろうとした時に、思いました。

それまで全部で、6回分の過去問をやっていました。

過去問自体をやることには、あまり時間がかかりません。しかし、やった後に時間がかかります。

というのも、わからない単語やフレーズを調べたりしなければ、ならないからです。

文法問題や長文読解はもちろん、リスニングのスクリプト文も調べていると、2~3週間かかってしまします。

さらに、そこからが本当の復習です。あらためて文法問題を解いてみたり、リスニングしてみたり。

そんなことをやっているとアッという間に時間が過ぎていきます。なので1ヶ月にできる過去問は1つが限界です。

受験までまだ時間があるときは、これでもよいですが。

もう受験まで残り1か月半。さらにもう1つ新たな過去問をやっていたら、もう3月です。そして3月中旬には受験です。

そんな状態で、新たな過去問をやるべきなのだろうか?

う~ん。どうしたものか…

なにかヒントは? 伊検の公式サイトへ

ということで、なにかヒントになるモノはないかと、伊検の公式サイトをみてみました。

とりあえず、いつものとおり検定対策コラムを見ることに。

伊検4級に関係ありそうなページをいくつか見て、、、

最後にたどり着いたのは、これまでなんども見てきた「検定制覇の3カ条」のページでした。

というわけで、あらためて「検定制覇の3カ条」を見てみると、、、

やってきた過去問の総復習だ!

そうだ! これまでやってきた過去問を使って、過去問6回分の総復習だ! と気がつきました。

というのも「検定制覇の3カ条」には、以下の記載があったからです。

1.過去問題の徹底検証
過去数年分の問題のparte scrittaの部分をつぶさに検証し、文法面から自分のレベルを確かめる…
≪中略≫

2.イタリア語のシャワーを浴びる
リスニング対策の第一歩は過去問題集のComprensione auditivaから。出題傾向を把握し、服装や日用品の形態など頻度の高い話題にまつわる語彙を増やす。
≪中略≫

3.文章を読みまくる
長めの文をたくさん読む(可能なかぎり音読で)。
≪中略≫

詳細はこちら

検定制覇の3カ条|検定対策コラム|[伊検] 実用イタリア語検定試験|イタリア語検定協会
実用イタリア語検定(伊検)の対策コラムです。学習に役立つアドバイスがちりばめられています。

過去問を使って、過去問の総復習だ!

さいごに


ということで、伊検4級を受験する1か月半~2週間前の期間は、それまでやってきた過去問6回分の総復習を、必死にやっていました。

理由は、公式サイトの検定対策コラム「検定制覇の3カ条」を実践するためです。

具体的には、それまでやってきた合計6回分の過去問を引っ張り出して、筆記の文法・語彙(parte scritta)、リスニング問題(Comprensione auditiva)の音読をやっていました。

文法の長文読解については、音読するためにGoogle翻訳を使ってやっていました。

伊検の長文読解文を、シャドーイング & 音読してる方法
独学で、実用イタリア語検定の4級に合格しようとしている私が、長文読解文を、シャドーイング & 音読している方法ご紹介します。、長文の復習がまったく進まないと悩んでいる人は、参考にしてください。

こんな感じでというわけで、2月は終わり、アッという間に3月へ。受験まで残り2週間となっていました。

受験まで残り2週間も、過去問の総復習をつづけようと思ったものの、、、受験直前模試として、2週間前になって、7回目の新たな過去問をやることにしました。

これについては、またご報告します。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました