Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!

2023年、ワイン受験.comの模擬試験と一次試験で、違った点

スポンサーリンク


独学 & ワイン受験.comだけで、2023年のJ.S.A.ワインエキスパート一次試験を突破した管理人です。

ということで、ワイン受験.comの模擬試験と、2023年のJ.S.A.ワインエキスパート一次試験とで、大きく違うと感じた点を、まとめてみました。

よかったら、参考にしてください。

スポンサーリンク

大きく違うと感じた点

ワイン受験.comの模擬試験と、2023年のワインエキスパートの一次試験で大きく違うと感じた点は、以下の3点です。

  • 出題順序が、ランダム
  • 4肢択ー問題以外もある
  • 圧倒的に難易度が高い

では、詳細を。

出題順序は、分野ランダム

一次試験で出題される順序は、分野がランダムです。

おそらくコレは、2023年以前からそうだったのではないかと思いますが…

ワイン受験.comの模擬試験では、ワイン概論、酒類飲料概論、フランス、イタリア…と、ワイン受験.comの「勉強の順序について」と同じ順番で、問題が出題されます。

が、一次試験で出題される順序は、分野がランダムです。

『1問目はワイン概論の問題からくるだろう』と想定して、いきなり違う分野の問題が出題されると、かなりうろたえます。というか、うろたえました💦

うろたえると、時間のロスになるので、要注意です。が、知っていれば時間をロスすることはなくなります!

4肢択ー問題以外も出題

4肢択ー問題(つまり、4つの選択肢があって、そのなかから1つ選ぶ問題)以外も、出題されました。

私が覚えている範囲では、4肢択ー問題以外の出題は、以下の通りです。

  • 入力問題が、2問
  • 6肢択二問題が、5~6問

面食らいました。が、知っていればビビることはありません!

どんな入力問題?

入力問題は、テキストボックスに、キーボードで入力します。

私が覚えているのは2問で、フランスとドイツの生産地域名を回答する問題でした。

なのでゆっくりでもいいので、キーボード入力は、できるようにしておきましょう。

6肢択二問題って?

6肢択二問題は、6つの選択肢があって、そのなかから2つ正解を選ぶという問題です。

5~6問あったような記憶があります。

2023年からだったのでしょうか?

おそらく今後、ワイン受験.comの模擬試験や問題集も、対応するかと思います。

圧倒的に難易度が高い

ワイン受験.comの模擬試験に比べ、一次試験の問題の方が圧倒的に難易度が高いです。

私は、ワイン受験.comの模擬試験を、合計7回やって、いずれも判定Bの合格判定、正答率も平均77~85%でした。

というわけで、結構余裕で、試験会場へ乗り込んだのですが…

もう、いきなり1問目から難しく、2、3、、、10問目とわからない問題が続き、泣きが入りました。

が、落ち着けば大丈夫です。基本さえできていれば、応用をきかせて、解くことができます。

ということで、ワイン受験.comの模擬試験と2023年のワインエキスパート一次試験で、違った点をまてめてきましたが…

伝えたい大切なこと

この記事で伝えたい大切なことは、ソムリエ・ワインエキスパート一次試験では、試験中にパニックになったら、早めに、冷静になろう! ということです。

年を追うごとに難しくなっていると言われているソムリエ・ワインエキスパートの一次試験。

おそらく今後もその傾向は続き、どの問題集をやっても、模擬試験をやっても、毎年、一次試験の方が難しくなるのだと思います。

しかし、しっかりとワイン受験.comの問題集の数をこなして、基本を徹底的にたたき込めば、本番では応用を利かすことができるので、解けます。

なので、大切なことは、本番で応用を利かすことができるように、早めに、冷静になることなのです。

ワインエキスパート1次試験中、戦意喪失。突破の鍵は…
J.S.Aソムリエ・ワインエキスパート試験問題があまりにも難しく、パニック状態に。そして戦意喪失… 1次試験突破の鍵は、どれだけ早く冷静になれるか! だと思います。

ちなみに、私は、ワイン受験.comの問題集を23,275問、模擬試験を7回やりました。

よかったら、参考にしてください。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました