人気ジェラートは? 組み合わせ方は? Etaly銀座で聞いてみた

スポンサーリンク


イタリア本場の食材を取り扱っているEtaly。その銀座店で「人気のジェラートは? 組み合わせ方は?」を聞いてみました。

イタリア本場の食材を取り扱っているEtaly(イータリー)。その銀座店で「人気のジェラートは? 組み合わせ方は?」を聞いてみました。

ということで…

人気のジェラートは?

店員さんに「人気のジェラートはどれですか?」と聞いてみました。すると、

店員さん
店員さん

ピスタチオは常時売れている定番です。さらに ストラッチャテッラ、フィオル・ディ・ラッテ、それにジャンドゥーヤも人気です。

なるほど…


定番のピスタチオに、


ストラッチャテッラに、


フィオル・ディ・ラッテに、


ジャンドゥーヤか。

組み合わせ方は?

さらに、「ジェラートの組み合わせって、どうするんですか?」と質問してみました。すると、

店員さん
店員さん

クリーム系はクリーム系同士で、ソルベ(=シャーベット)系はソルベ系同士で、あわせるのが基本です。

それがジェラートの組み合わせ方の基本か!

具体的な組み合わせは?

さらにさらに「具体的に、どの種類とどの種類の組み合わせが美味しいって、わかりますか?」と質問してみました。すると、

店員さん
店員さん

それはお客さまによって人それぞれでして…




やっぱりそうか、、、一朝一夕では、わからないということか…経験値を貯めるしかないな。

じゃぁ、とりあえず、定番のピスタチオを注文するとして、組み合わせは…

と考えはじめたところ…

組み合わせ失敗が、脳裏を

Venchi(ヴェンキ) Otemachi Oneでの組み合わせの失敗が、脳裏をよぎりました。

Venchiジェラート、人気No1・2・3を食べたのに、後悔?
Venchi Otemachi One店へ、ジェラートを食べに行ってきました。人気No1・2・3を食べて、美味しい! のに、後悔?そして、それから後約5か月間、研究を重ね、ついに!

以前、ジェラート人気No1・2・3を注文したのですが、人気No2のチョコの味が強いせいで、人気No1のピスタチオの味が、まったくわからなくなってしまったのです。

とりあえず、失敗だけは避けよう…まずはピスタチオの味だけでいくぞ!

そしてピスタチオを基準として、記憶しておけば、次に どの種類とどの種類という組み合わせ方も覚えられる…かも

というわけで、ピスタチオだけを頼むことにしました。

サイズは、シングル・ダブル・トリプルと3種類あります。

同じ種類、たとえばピスタチオだけをトリプルで注文する人はいるのだろうか…

恥ずかしいけど、聞いてみるか…

同じ種類をトリプルで注文する人っていますか?

ということで、またまた店員さんに、「同じ種類のジェラートをダブルとかトリプルで注文する人っていますか?」と質問しました。

店員さん
店員さん

いらっしゃいます。

ということで、恥ずかしがらずに? ピスタチオをトリプルで注文しました。

トリプルのピスタチオ!


ということで、トリプルのピスタチオ!


あふれそう~なくらい山盛りにしてもらいました!


ズ~~~ム。っと溶け出してしまったぁーーー


濃〜いくって、とっても美味しい。

聞いたことをまとめると…

ということで、Etaly(イータリー)銀座店で聞いたことをまとめると、

  • 人気のジェラートの定番は、ピスタチオ。ただしストラッチャテッラ、フィオル・ディ・ラッテ、それにジャンドゥーヤも人気。
  • 組み合わせ方の基本は、クリーム系同士、または ソルベ系同士
  • 具体的な美味しい組み合わせは、人それぞれ。経験値?

イタリア人は、経験値で、ジェラートの組み合わせ方を知ってるということか…本場はやっぱり違う。

ということで、本日はおしまいです。

以降は、Etaly(イータリー)でみかけたイタリア語をゆる~く説明しますね。

イタリア語はあまり…というひとは、今日は以上で。またお待ちしております。

ゆる~くイタリア語


今回のゆる~くイタリア語は、ジェラート売り場の上に飾られている看板の IL(イル) GELATO(ジェラート)IL(イル) です。

IL(イル) をひとことで言うと、男性名詞単数形の定冠詞になります。



定冠詞といわれても、日本人には概念がないので、『?』ってなりますよね~

英語でいうところの The にあたると思えば、なんとな~くイメージがつきやすいのではないかと。つまり「The ジェラート」と書いてあるようなイメージでよいかと。← テキトーすぎる? まぁ、ゆる~くなので(笑)。

で、イタリア語の場合、定冠詞も、男性・女性名詞の単数形、複数形で、形がまったく変わります。

GELATO(ジェラート) は男性名詞の単数形です。なので IL(イル) がついています。

では、ciao ciao(チャオ チャオ )~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました