カーボンチーノというイタリアの北部にあるピエモンテ州のチーズを食べました。

Pocket

先日Cheese on the table大丸東京店で購入したカーボンチーノというイタリアの北部にあるピエモンテ州でつくられているチーズを食べました。管理人はフランスパンをトーストして、そのパンに付けてこのように食べました。 見た目は男の料理で恐縮ですが、美味しかったっす!できれば白ワインと一緒に飲みたかったのですが、翌日の仕事に差し支えるといけないので、断念…… みなさんは、ぜひワインと一緒にどうぞ!

このカーボンチーノを購入したCheese on the table大丸東京店へ行った時のレポートはこちら

ということで、はじめます。

カーボンチーノの概要

カーボンチーノは、イタリアの北部にあるピエモンテ州で造られているチーズです。

ピエモンテ州はこちら

チーズの名前にカーボンの名がついてるとおり、特徴は、まわりが炭でまぶされていることです。

あっ、炭はもちろん食用で、そのまま食べられます。

もうひとつの特徴は牛に加えて、羊、山羊と3つの乳を使用して造ってあることです。

といっても、管理人には、それで何がどう違うのかまでの表現方法は持ち合わせていません(^^ゞ

そのかわり、カーボンチーノの美味しそうな写真を、このあと載せますね!

とりあえずCheese on the table公式サイトでのカーボンチーノの説明はこちら(当ブログのシステム上、Google検索の結果からどうぞ)→Cheese on the table カーボンチーノ site:cheeseclub.co.jp

ワインは、Cheese on the tableのホームページを見るとわかりますが、ピエモンテの赤ワインとあうと書いてあります。

が、白ワインの方がいいような感じでした。店員さんも白ワインとあわせるのがオススメです、といってましたし。

カーボンチーノを食べた時の美味しそうな写真

ということで、本当はワインと一緒に、このカーボンチーノを食べたかったのですが、翌日の仕事に差し支えるので、フランスパンをトーストして、その上に乗せて食べました。

でも、とっても、美味しかったですよ。あっという間に、食べてしまいました。こんな感じで、カーボンチーズを切って……

さらにパンに乗せて……

またさらに切って……

さらにパンに乗せて……

といった感じで、あっという間に食べてしまいました。

まとめ

ということで、今日はCheese on the table大丸東京店で購入したカーボンチーノというイタリアの北部にあるピエモンテ州でつくられているチーズを食べた様子をお伝えしましたが、いかがでしたか?

管理人的にはとっても、美味しいチーズでした。

Pocket