チーズ辞典の本レビュー!イタリアチーズは15種類

Pocket

「チーズ辞典 ~家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて 国内で手に入る世界のチーズ227種~」の本を購入して読んでみました。イタリアチーズは、15種類が載っています。ということで、今日はその本レビューです。チーズ辞典の概要、長所、短所をまとめました!

なお、amazonのカスタマーレビューはこちらです→チーズ事典―家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて

チーズ辞典の概要

「チーズ辞典」は、副題のとおり「家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて 国内で手に入る世界のチーズ227種」という本です。チーズの代表フランスをはじめ合計15か国のナチュラルチーズが載っています。

1ぺージに、チーズが1~3種類ほど、写真と(2文くらいの)簡単な紹介と基本データ(原産国・風味・食べ方・合うワイン)とともに載っています。

他にもチーズの食べごろや買い方・保存方法・チーズの切り方と盛り方・チーズを楽しむ道具などなど、チーズ初心者ならではの疑問に対して、説明してくれています。

2005年に出版されたチーズの超入門の本です。やや古めの本ですが、現在でも十分使えます。 2017年8月15日追記 すみません。古い感は否めません。2015年に出版されたチーズ図鑑の方がいいと最近感じています

チーズ辞典に載っているイタリアチーズ

チーズ辞典には、15種類のイタリアチーズが載っています。多くはないですが、チーズ専門店で販売している代表的なイタリアチーズが載っています(50音順)。

  • アルピーノ
  • グラナパダーノ
  • ゴルゴンゾーラ
  • スカルツァ ビアンコ &アフミカータ
  • タレッジオ
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
  • フォンティナ
  • ブルディカプラ
  • ペコリノロマノ
  • ペック ロビオライントロビオ
  • マウリ モッツアレラ ブファラ
  • マスカルポーネ
  • モッツアレラ
  • リコッタ
  • ロビオラフィア

とはいえ、1ページにチーズが1~3種類ほど、写真と(2文くらいの)簡単な紹介と基本データ(原産国・風味・食べ方・合うワイン)だけなので『イタリアの○○というチーズについて、もうちょっと知りたい!』という人には、物足りないです。

チーズ辞典の長所

チーズ辞典の長所は次のとおりです。

  • 紹介しているチーズの種類が227種
  • チーズ初心者ならではの疑問に対しての説明がある

紹介しているチーズの種類が227種

チーズ辞典の長所はなんといっても、紹介しているチーズの種類数です。227種類あるので『お店で購入してきたチーズはどこの国のチーズなのかなぁ』なんてときに、ほぼ確実に載っています。

チーズの代表フランスをはじめイタリア、オランダ、ドイツ、スペイン、デンマーク、イギリス、スイス、ギリシャ、キプロス、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、そして日本のチーズまで紹介しています。合計15か国になります。

日本でもブルー(青かびチーズ)やシェーブル(山羊のチーズ)を造っていたなんて、管理人は知りませんでしたm(__)m

チーズ初心者ならではの疑問に対しての説明がある

2つ目の長所は「チーズ初心者ならではの疑問に対しての説明がある」ことです。

例えば、買ってきたチーズの食べごろや、チーズ専門店での買い方、チーズを買ってきた後の保存方法、チーズの切り方・盛り方・チーズをよりおいしく食べるための道具などなど、チーズ初心者ならではの疑問に対して、説明してくれていることです。

チーズ辞典の短所

チーズ辞典の短所は次のとおりです。

  • 見ていて面白みに欠ける
  • どのチーズの説明をしているのかわかりずらい

見ていて面白みに欠ける

レイアウトの影響もあるかと思いますが、見ていて面白みに欠けます。チーズ写真のみと(2文くらいの)簡単な紹介と基本データだけだからかな……

どのチーズの説明をしているのかわかりずらい

たとえば1ページに、2つ(または3つ)のチーズを紹介しているページでは、どのチーズの説明をしているのかがわからいずらいです。写真と紹介文章のレイアウトが悪いせいだと思います。

まとめ

今日は、「チーズ辞典 ~家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて 国内で手に入る世界のチーズ227種~ 」の本のレビューでしたがいかがでしたか?

amazonのカスタマーレビューもご覧ください→チーズ事典―家庭で本格的に楽しめる、ナチュラルチーズのすべて

それでは!

Pocket