Venchi2023新作ジェラート全制覇したヨ!
PR

世界遺産検定を受験しようと思ったワケ

スポンサーリンク


世界遺産を勉強することによっても、イタリアは当然のこと、周辺国の歴史・文化も知ることによって、より深くイタリアを知り、観光に役立てることができるのではないだろうか?

ということで、世界遺産検定を受験することにしました。今日は、そこにいたったワケを、説明しますね…

スポンサーリンク

しばらくはイタリアへ行けそうにない

イタリア観光へ行きたいよなぁ…でも貧乏ヒマなし & 金なしで、たとえアフターコロナになっても、しばらくは行けそうにありません。

アフターコロナをめざし観光業は、徐々に始動しはじめています。HISでは「帰国時に必要なPCR検査&キャンセルサポート付! モニタープラン」として、「大満喫!イタリア紀行8日間」の予約をはじめているようです。

あ~あ~

そんなことを考えていたら、今から約15年前に観光へ行ったときには『イタリアの歴史を勉強してからくればよかった』と思ったことを思い出しました。

帰国後も友達に「イタリア観光へ行くときって、歴史や文化を勉強しておかないと、見逃してしまうスポットが多いから、もったいないよね~」という話をしたことも思い出しました。

かといって、観光ガイドブックをみていてもなぁ…

中学・高校の歴史の本をみても、イタリア史は断片的にしかでてこないし…

と思っていたら…

世界遺産検定?

世界遺産検定なるものがあることに気がつきました。

公式サイトをみてみると、以下の記載があります。

世界遺産検定は、人類共通の財産・宝物である世界遺産を通して、国際的な教養を身に付け、持続可能な社会の発展に寄与する人材の育成を目指した検定です。

2006年に始まって以来、30万人超が受検し19万人以上が認定されています。2014年からは文部科学省の後援事業となりました。検定は年に4回開催しており、小学生から90代まで幅広い年代の方々が挑戦しています。

引用:世界遺産検定とは – 世界遺産検定(https://www.sekaken.jp/about/)

世界史検定公式サイトの受験のメリットをみてみると、進学・就活・ビジネスで役立つ以外にも「旅行が楽しくなる」も1つのメリットとしてあがっている。

そういえば、、、

登録数で、国別1位


そういえば、イタリアは、世界遺産登録数で、国別1位だったっけ。どれどれいくつだったっけ…48か。

イタリアは、(日本の都道府県にあたる州が)全部で20州、そして世界遺産数が48、つまり1州で約2.4個の世界遺産があることになります。(ちなみに日本の世界遺産数は25です。)

おぉ、これはイタリアの歴史や文化を、効率的に勉強できるのではないだろうか?

隣接国は、第3・4位

さらに登録数は、隣接国のドイツが51で第3位、スペイン・フランスがそれぞれ49で第4位。

イタリアは、古代ローマ時代から近代にいたるまで、隣接のドイツ・スペイン・フランス・イギリスと歴史的に関係が密接です。

さらに西アジア周辺国・北アフリカとも歴史が、密接に関係しています。

歴史だけでなく、宗教・芸術・建築・美術などの文化も、関係が密接です。

ちなみに、古代ローマ帝国がもっとも広かった時は、これくらいです。

引用:Heraldry の画像に、背景と縮小の加工処理, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons

なんか世界がひろがって、イタリア観光にも役立ちそう。

面白そうだし、いっちょやってみるか。

何級から受けるべき?

でも何級から受験べきなんだろうか? 公式サイトには初めて受検する場合は、高校生以下であれば4級、大学生・専門学校生・社会人であれば3級からの受検をおすすめします。とあります。

う~ん。

そうえば、今から約15年前に観光へ行ったときには『イタリアの歴史を勉強してくればよかった』と思った時に、同時に思ったことがありました。それは、

石でできた巨大な教会建築と比較すると、日本の木でできた建築は本当に繊細なんだなぁ。学生時代、日本のことをもっと勉強しておけばよかったなぁ。そうすれば、比較できてもっと面白くなったのに…

でした。

4級の学習内容は世界遺産の見方を知り、日本を中心とする世界の有名な遺産を通して世界の広さを学ぶです。

そうだ!

4級から受験しよう

のんびり4級から受験することにしよう。

世界遺産を勉強することによっても、イタリアは当然のこと、周辺国の歴史・文化も知ることによって、より深くイタリアを知り、観光に役立てることができる。ということで、世界遺産検定を受験することにしました。

さらに日本の世界遺産も勉強できるおまけ付き!

ただいま、公式テキストと問題集を購入して、勉強中です。

途中経過などは、随時ご報告していきますね。

では、ciao ciao(チャオ チャオ)~(=またね~)

コメント

タイトルとURLをコピーしました